COCONUT CLUB こだわりのリゾートで過ごす至福のひととき

トップページ > 南の島の魅力 > モルディブでの新婚旅行の魅力やメリット

モルディブでの新婚旅行の魅力やメリット

多くの島々からなるモルディブは、ターコイズブルーの美しい海が魅力の世界的に人気のあるリゾート地です。
水上ヴィラで上質な時間を過ごすために、この国を訪れる人たちは後を絶ちません。
またモルディブは、新婚旅行にも大変人気があります。

ワンアイランド・ワンリゾートであるため、とても贅沢なリゾート空間になります。
ダイビングスポットも無数にあるため、スキューバダイビングも堪能することができます。

新婚旅行のカップルには、サンセットクルーズが人気です。
沈みゆく美しい夕日を二人で眺めたならば、きっと一生の想い出になることでしょう。

また、ドルフィンウォッチングやアイランドホッピングも人気があります。

ココナッツクラブでは、専門店ならではの企画力で、想い出に残るモルディブの旅を実現いたします。
新婚旅行をはじめとしたモルディブツアーは、私たちにお任せください。

1200もの島々からなる小国のモルディブは、新婚旅行にとても人気があります。ワンアイランド・ワンリゾートが大きな魅力のインド洋に浮かぶ水上の楽園です。

・・・つづきはこちら

新婚旅行で人気のモルディブは、水上ヴィラが魅力のひとつになります。ターコイズブルーの海に浮かぶ水上ヴィラで過ごした時間は、一生の想い出になるでしょう。

・・・つづきはこちら

ターコイズブルーの美しい海が魅力のモルディブには、スキューバダイビングが目的で訪れる人が多勢います。モルディブの海は、世界一美しいとも言われています。

・・・つづきはこちら

モルディブの美しい海は、ダイビングだけでなくシュノーケリングでも楽しむことができます。ハウスリーフの美しいサンゴ礁や魚たちを堪能することができます。

・・・つづきはこちら

回遊するイルカを鑑賞するドルフィンウォッチングは、モルディブ旅行の楽しみのひとつです。美しい海をクルーズしながらのイルカの探索は楽しいひと時になります。

・・・つづきはこちら

モルディブには無数の島があるため、無人島や砂州を回るアイランドホッピングを満喫することができます。無人島や砂州では、スノーケリングなどが楽しめます。

・・・つづきはこちら

モルディブは充実したスパが魅力のリゾートです。ほとんどのリゾートにスパが併設されており、上質なスパを体験することができます。日本のスパでは珍しいモルディブならではの施術も体験できます。

・・・つづきはこちら

食事やドリンク代などが宿泊代金に含まれているオールインクルーシブプランのあるリゾートは人気があります。このプランは、割安感やトータルの費用を把握しやすいという特徴があります。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行はリゾート選びが重要になります。リゾート選びを成功させるためにもポイントを押さえたリゾート選びをする必要があります。まずは旅の目的を明確にしましょう。

・・・つづきはこちら

ハウスリーフの良し悪しは、モルディブのリゾートを選ぶ上で重要なポイントになります。ハウスリーフでは、たくさんのトロピカルフィッシュや美しい珊瑚を楽しむことができます。

・・・つづきはこちら

ロマンチックなビーチの条件は、ビーチの形状とラグーンにあります。ロマンチックなビーチのあるモルディブのリゾートを選ぶことは、ハネムーン旅行なら大切になってきます。

・・・つづきはこちら

ビーチとリーフに囲まれた浅瀬のエリアをラグーンといいます。モルディブのラグーンは波も穏やかで砂地であることから、小さなお子さまを遊ばせるには最適な場所になります。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行では、現地では用意できないものもたくさんあるので、現地で必要になる持ち物はしっかりと用意しておく必要があります。コンタクトレンズ、サンダル、薬などは現地で重宝します。

・・・つづきはこちら

モルディブの無人島に旅行者だけで過ごすロビンソンピクニックというエクスカーションがあります。通常4時間程度の滞在になり、ランチと散歩、シュノーケリングなどが楽しめます。

・・・つづきはこちら

モルディブでは、多くの魚を間近で見ることができるエイの餌付けショーが行われるリゾートもあります。エイを波打ち際で見ることができ、リゾートによっては旅行者が餌付けできます。

・・・つづきはこちら

サンセットフィッシングは、誰もが気軽に楽しめるモルディブのエクスカーションのひとつになります。新婚旅行のカップルやお子さま連れの家族旅行にも最適なエクスカーションになります。

・・・つづきはこちら

モルディブのバア環礁にあるダイビングスポットのひとつであるハニファルベイは、大量のプランクトンが集まるため、無数のマンタに出会うことができる魅力的なスポットになります。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行の代表的なお土産には、チョコレートや紅茶、スパイスなどがあります。また、熱帯魚のキーホルダーなどの民芸品やプチ魚図鑑などもオススメのお土産になります。

・・・つづきはこちら

島国モルディブでは、魚料理が人気です。カレー風味の伝統料理なども多く見受けられます。モルディブフィッシュというかつおぶしに似た特産品を使った一品料理も旅行の際は見逃せません。

・・・つづきはこちら

海外旅行で一番気がかりなのは、現地の治安。モルディブの治安は比較的良好です。モルディブのリゾート島では過剰な心配は要りませんが、街や空港内は他国同様、注意が必要です。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行ではリゾートだけではなく、ローカルシティに足を伸ばしてみましょう。イスラム国家特有のモスクや、フィッシュマーケットなどモルディブならではの見所が多々あります。

・・・つづきはこちら

モルディブの名物とも言われる、とても幻想的な光る砂浜はご存知でしょうか。青く発光する正体は発光プランクトンです。運がいいと見られる、見た目も存在的にも不思議な現象です。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行でおしゃれを楽しみたい方も多いはず。ここでは滞在中のおすすめファッションをご紹介します。現地の宗教上、気をつけたいポイントやおすすめアイテムを併せて提案します。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行に+αで他国を訪れるプランが大人気。おすすめはショッピング大国シンガポール、アラビアの経済大国ドバイ、食文化の影響を大きく受けた世界遺産国家スリランカの3カ国。

・・・つづきはこちら

モルディブの天候は年間を通して、だいたい26度から33度と温かい気候に恵まれています。モルディブ旅行のベストシーズンは、乾季の時期です。乾季は12月から4月で、特に安定するのは2月から4月にかけてです。

・・・つづきはこちら

日本から飛行機で約4時間のドバイは,リーズナブルな旅ができる上に治安もいいと女性の間で大変人気の都市です。 ショッピングだけではなく観光や遊びにも最適な南国リゾートを味わえます。

・・・つづきはこちら

モルティブにある水上飛行機はブルーとグリーンのサンゴ礁やシャビヤニ環礁などが上空から見渡すことができます。 空と海が一体となった風景はまるで芸術のように美しく旅の思い出となりますよ。

・・・つづきはこちら

モルディブでは白砂のビーチがどこまでも続き、時間帯により表情を変え、コテージの近くで、大量の魚群が見られる島もあります。他方、スリランカにも世界遺産等、多くの見どころがあります。

・・・つづきはこちら

世界で4番目に観光旅行者が多い都市として注目されているシンガポールは別名「ガーデン・シティ」とも言われており,リゾートのようなその美しい街並みと治安の良さが人々の心を掴んでいます。

・・・つづきはこちら

モルティブ旅行に必要な持ち物,準備が分からない方も多いのではないでしょうか。海外旅行と言えどモルティブのホテルは日本とあまり変わらないので,事前のチェックポイントをご紹介します。

・・・つづきはこちら

モルディブは、インド洋の東経72度31分から73度48分、北緯7度0分から南緯0度45分に浮かぶ島々で、地図から見ると、約1200もの環礁や島々が散らばっているように見えます。

・・・つづきはこちら

広い空と青い海をバッグにプライベートビーチでの挙式を叶えられるモルティブウェディングは、リゾート婚を考えるカップルにとってまさに憧れの地です。一生に一度の瞬間、最高の思い出を作りましょう。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行は、1島1リゾートなのでホテル選びで、旅行の満足度が大きく変わります。ホテルの詳しい情報を持っており、様々な条件にも迅速丁寧な対応をしてくれることが大事です。

・・・つづきはこちら

一生に一度のハネムーン、夢にまで見たモルティブで憧れの水上ビラに泊まりたいと願う女性も多いのではないでしょうか。2人のハネムーンを美しく彩る水上ビラの旅をぜひご堪能ください。

・・・つづきはこちら

モルディブは、11月~5月頃に乾季になり、雨季に比べると過ごしやすいため、値段が高くなります。また、7泊以上のミニマムステイの制限のリゾートは増加し、予約が取りづらい傾向にあります。

・・・つづきはこちら

インド洋に浮かぶ楽園島、モルティブの見どころであるサンセットクルーズをぜひご利用ください。沈む夕日をバックに2人の旅の思い出も最高なものになります。

・・・つづきはこちら

新婚旅行に、インド洋のリゾート『モルディブ』を選んではいかがでしょう。サンスクリット語で「島々の花輪」を意味し花嫁にピッタリです。ここではモルディブのおすすめリゾートを紹介します。

・・・つづきはこちら

新婚旅行で行くモルディブ。水上に浮かぶホテル(水上ヴィラ・コテージ)での夢の時間、美しすぎるサンゴ礁でのシュノーケリングを堪能するために、知っておきたいポイントを紹介します。

・・・つづきはこちら

新婚旅行に人気のモルディブといえば、真っ青な透明な海の上に水上宿泊施設。島選び、ホテル選びがハネムーンの満足度に大きく関わってきます。至福の時間を過ごすための秘訣を紹介します。

・・・つづきはこちら

モルディブの海と自然をじっくり味わいたいなら、ココ・ボドゥヒティはまさに理想的なリゾートです。このリゾートでは、ラグーンの爽やかさとハウスリーフの快適さの両方を叶えられます。

・・・つづきはこちら

モルディブのリゾートの中で、サーフィンが出来る数少ないスポットが「シックスセンシズ・ラーム」です。新婚旅行を兼ねてリゾートでマリンスポーツを楽しむのはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

モルディブの中でもトップクラスの美しさと評判のハウスリーフを持った島にあるリゾートが「ロビンソン・クラブ・モルディブ」です。また島のビーチも美しく、ハネムーナーにおすすめです。

・・・つづきはこちら

新婚旅行には青い海と白い砂浜があるモルディブはいかがでしょうか。その美しいモルディブの中でも屈指の美しさを誇っているビーチ、ココア・アイランドの魅力について紹介します。

・・・つづきはこちら

新婚旅行で誰にも邪魔されずに2人の時間を思う存分楽しみたいなら、隠れ家的高級リゾート『ザ・レジデンス・モルディブ』がおすすめです。国内線とボートで行く島は最高の時間を提供します。

・・・つづきはこちら

新婚旅行先を探している方にお勧めなのが、モルディブのセンターラ・グランドです。大自然の海の中できれいなサンゴ礁を見たり、魚たちと触れ合えるシュノーケリングも楽しむことができます。

・・・つづきはこちら

新婚旅行で憧れのモルディブに来たら、宿泊するホテルもこだわりたいものです。そんな時におすすめしたいのが「ジュメイラ・ヴィッタヴェリ」です。豪華リゾートで至福の時をお過ごしください。

・・・つづきはこちら

新婚旅行でハネムーナーの憧れとなっているリゾートがこの『ギリ・ランカンフシ』です。ここには水上ウェディングパヴィリオンがあり、美しいモルディブの海の上で挙式ができ人気です。

・・・つづきはこちら

モルディブのソネバフシは自然環境に配慮されている事が人気のポイントにもなっています。多くの観光客に愛されているエコリゾートの代表格でもあり、知る人ぞ知る穴場観光スポットです。

・・・つづきはこちら

海がとてもきれいなことで有名なモルディブ、その中でも新婚旅行先としてお勧めなのがラグジュアリーな超高級リゾート、さんご礁に囲まれた水上ヴィラリリィ・ビーチリゾートです。

・・・つづきはこちら

モルディブ・バア環礁にある「フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァル」は、フォーシーズンズがこの国で2番目に運営するラグジュアリーリゾートです。このリゾートの特徴を見てみましょう。

・・・つづきはこちら

新婚旅行を検討中ならモルディブはいかがでしょうか。個性豊かなリゾートの中でもサービスで世界的に評価の高いホテルで、2人の大切な時間を最高の思い出にするお手伝いをしてくれます。

・・・つづきはこちら

モルディブにある「フヴァフェンフシ」は、北マーレ環礁の素晴らしいハウスリーフにあり、1周約10分ほどの小さな島には美しい砂浜が広がります。ここではフヴァフェンフシの魅力に迫ります。

・・・つづきはこちら

モルディブのニカ・アイランドは、一棟独立型のガーデンヴィラが充実し、冷房完備で過ごしやすいリゾートです。水上コテージからは美しい海中を堪能できるなど、魅力的な場所です。

・・・つづきはこちら

モルディブを知る人には真っ先に思い浮かぶリゾートの一つ、アンガガリゾート。青い海と珊瑚礁、きめ細かい白い砂浜という、モルディブらしい景色が広がる人気のリゾートです。

・・・つづきはこちら

ミリヒリゾートはモルディブ屈指の美しいビーチとアリ環礁一美しいハウスリーフに囲まれたリゾートです。数少ない「モルディブらしさが残る島」としてリピーター達に高い共感を得ています。

・・・つづきはこちら

モルディブ最北端で最大級の島にあるリゾートが「アイランドハイダウェイ・ドナクリ」です。このリゾートはハーアリフ環礁に位置し、極上のハウスリーフ・遠浅のラグーンを持っています。

・・・つづきはこちら

モルディブの小さな島にある「アンサナ・イフル」は、丸い形をした島にヤシの木が生い茂る美しいビーチで、モルディブのイメージ写真には必ずといっていい程登場する人気のリゾートです。

・・・つづきはこちら

水上ヴィラだけに目を向けると、本当のモルディブの魅力を見失います。バンヤンツリー・ヴァビンファルは真っ白な砂浜と最高のハウスリーフが魅力です。森の中の静かなコテージもおすすめです。

・・・つづきはこちら

モルディブで日本人にも人気のリゾートが「センターラ・ラスフシ」です。ここはセンターラ・グランドの姉妹リゾートで、日本人にも馴染みのホテルです。このリゾートの魅力に迫ります。

・・・つづきはこちら

新婚旅行で誰にも邪魔されず2人の時間を過ごしたいのなら「アダーラン・ヴァドゥ」はいかがでしょうか。モルディブの中でも最小島にあるリゾートなので、2人だけの時間を満喫できます。

・・・つづきはこちら

ヴィルリーフリゾートはモルディブのダール環礁にある高級リゾートホテルです。1周15分の可愛い島のサンゴ礁に40棟程の水上コテージが連なっており、新婚旅行にぴったりのリゾートです。

・・・つづきはこちら

南の島に旅行に行くならモルディブのアダーラン・オーシャンヴィラズがオススメです。まるで楽園に来たかのような景色が広がっている場所で、日常を忘れさせる魅力的なリゾート地です。

・・・つづきはこちら

モルディブの中でも大型のリゾートが「ラックスモルディブ」です。細長く続く島にはレストランやプール、スパなど充実した設備が整っており、新婚旅行の最高の思い出となるでしょう。

・・・つづきはこちら

「オルベリリゾート」の代名詞とも言える、どこまでも続く美しい砂州は必見です。マリンスポーツやスパ、レストランなどの施設も揃っており、日本語が通じやすいので不安なく過ごせる島です。

・・・つづきはこちら

空も海も星空も最高に美しいハートの島の隠れ家「ヴィヴァンタ・バイ・タージコーラルリゾート」。美しい自然の中に快適さも追求されたホテルで、素晴らしい時を過ごすことができます。

・・・つづきはこちら

新婚旅行に人気のモルディブの中でもおすすめのフィリティヨは、ダイビング以外の楽しみも満載です。ゆったりと南国の風に吹かれる時間は日常を忘れさせてくれる素敵な時間になるでしょう。

・・・つづきはこちら

新婚旅行などでモルディブを訪れるときに知っておくと役に立つ、便利な情報があります。イスラム教の国であるモルディブを初めて訪れるときなどは、ぜひとも覚えておきましょう。

・・・つづきはこちら

モルディブは子ども連れにも優しい島。家族旅行の行き先としてもよい場所です。4人で一部屋使えるリゾートも意外と多く、小さい子どもがいても安心できるサービスもたくさんあります。

・・・つづきはこちら

アーユルヴェーダはインドに古来より伝わる伝統的な医学のことで、主にオイルを用いた施術を行います。モルディブでは、本格的なアーユルヴェーダの施術が受けられるリゾートもあります。

・・・つづきはこちら

モルディブはシュノ―ケリングでも十分な程たくさんの魚が見られます。コバンアジや、クマノミ、エンゼルフィッシュなど、モルディブの海は潜るたびに新しい発見があります。

・・・つづきはこちら

モルディブでは英語が一般的ではなく、ディベヒ語という公用語が使用されています。あいさつ程度の言葉をマスターしておくと色々と便利なので念のために覚えておきましょう。

・・・つづきはこちら

モルディブは島国なので基本的に魚料理が中心ですが、中でも有名な料理がガルディアと呼ばれるかつおを使ったスープです。とてもシンプルな味付けがおいしく、モルディブの伝統料理です。

・・・つづきはこちら

モルディブはリゾート地のイメージばかりが定着していますが、首都マーレにはいろんな観光地や建造物があるのでリゾート地とは違う観光地を巡ることができるのでおすすめです。

・・・つづきはこちら

モルディブにはいくつも有名なホテルがありますが、バロスモルディブはその中でも群を抜いて優れています。プライバシーにも配慮したコテージでは、誰もがリラックスして過ごせます。

・・・つづきはこちら

モルディブにはいくつもホテルがありますが、カンドゥルドゥ アイランド リゾート&スパは芸術作品のようです。リラックスするためにも最高な場所で水上コテージもあります。

・・・つづきはこちら

北マーレ環礁の島ボドゥヒティは、見事なハウスリーフが有名です。ダイビングに絶好のハウスリーフのある「ココ・ボドゥヒティ」は、世界屈指のリゾートの名を欲しいままにしています。

・・・つづきはこちら

モルディブのラーム環礁はレアなサーフィンスポットです。リゾート・シックスセンシズ・ラームでは、ファンウェーブポイントへのボート手配などのサービスが充実しています。

・・・つづきはこちら

モルディブの南、ガーフアリフ環礁のロビンソン・クラブ・モルディブは美しいラグーンや良好なハウスリーフに恵まれ、気さくなスタッフによる手厚いサービスでリピーターを増やしています。

・・・つづきはこちら

コンラッド・モルディブ・ランガリアイランドは水中レストランがあり、食事をしながら海の中を見ることができ、幻想的で感動できるはずです。もちろんヴィラなどの施設も素敵です。

・・・つづきはこちら

モルディブにあるリゾート地の中でも落ち着いた雰囲気のところで、ゆっくりとモルディブらしい観光を楽しめるでしょう。何よりも船の形の水上コテージが自慢で人気があります。

・・・つづきはこちら

同じコンスタンスグループが経営するモルディブのリゾート「コンスタンス・ ハラヴェリ」とその妹格の「コンスタンス・ムーフシ」のリゾート地の雰囲気など違いをご紹介します。

・・・つづきはこちら

航空会社も増加しルートも増えたため、モルディブへも様々な方法で行けますが、ここではモルディブへの一般的な経由地とルート、航空会社や航空券などについてご紹介します。

・・・つづきはこちら

ハウスリーフが美しいモルディブのリゾート15位にも入るココ・ボドゥヒティ。3つのカテゴリーに分けられた水上ヴィラが有名で全室プール付きのラグジュアリーなスイート仕様です。

・・・つづきはこちら

シックスセンシズ・ラームは施設的な素晴らしさも優秀ですが、それ以上にラーム環礁が作り上げる独特な自然が素敵です。モルディブにある数多くのホテルの中でも特に人気です。

・・・つづきはこちら

ロビンソン・クラブ・モルディブはモルディブ屈指のリゾート地で、海などを活かしたアクティビティに参加している人も大勢います。シュノーケリングなどにチャレンジできます。

・・・つづきはこちら

モルディブにあるリゾート地のザ・レジデンス・モルディブは無人島を所有している点が大きな魅力でしょう。日本では考えられないような自然を全身で感じることが可能です。

・・・つづきはこちら

ギリ・ランカンフシ・モルディブの客室は、全てが水上ヴィラです。モルディブの美しい海に囲まれ、ロマンティックな雰囲気を満喫できます。自分たちだけの贅沢な空間は、ハネムーンに最適です。

・・・つづきはこちら

ソネバフシ&シックスセンシズ・スパはモルディブの中でも特に高級感のあるラグジュアリーリゾートです。オープン当初から自然環境に配慮した運営がなされている先進的なリゾートでもあります。

・・・つづきはこちら

ゴージャスなステイができるリリィ・ビーチ・リゾート&スパは、超高級リゾートでありながら、オールインクルーシブのところが人気です。唯一の欠点は、予約がとてもとりづらいことでしょう。

・・・つづきはこちら

豪華リゾートで休日を過ごしたい人へ、フォーシーズンズ・リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァルとフォーシーズンズ・リゾート・モルディブ・アットクダフラの違いを紹介します。

・・・つづきはこちら

フヴァフェンフシ・スパ・リゾートは美しい珊瑚礁に囲まれ、シュノーケリングやスキューバダイビングには絶好のロケーション。色彩鮮やかな生きた珊瑚や熱帯魚、ウミガメにも出会えます。

・・・つづきはこちら

ニカ・アイランド・リゾートは、イタリアのサルデニア風とモルディブの伝統的な造りを合わせた、小さなリゾート地です。イタリア人向けに作られたリゾートだけに、食事もとても充実しています。

・・・つづきはこちら

アンガガ・アイランド・リゾートは、モルディブの中でもトップクラスの美しい砂浜を持つ島です。人工的な豪華リゾートではなく、水上コテージなど建物がほのぼのと可愛らしいのも魅力です。

・・・つづきはこちら

ミリヒ・アイランド・リゾートでは、コテージから海へ向かえばアリ環礁で最も美しいとされるハウスリーフが続いています。シュノーケル一つ持って海に入れば、神秘的な海の世界を堪能できます。

・・・つづきはこちら

モルディブの高級リゾート、アンサナ・ヴェラヴァル。このホテルは、まさに地上の楽園。二階建ての水上ヴィラが有名で、そこから宝石のように輝くビーチを眺めながら優雅なステイが楽しめます。

・・・つづきはこちら

ワン&オンリー・モルディブ・アット・リーティラは、伝統的なモルディブ調の外観に、現代的な機能性をもたせた内装となっています。広いので、プライバシーを気にすることなく宿泊可能です。

・・・つづきはこちら

コンラッド・モルディブ・ランガリアイランドの売りはなんといっても魅力的な8つのレストランです。リゾート地としてのモルディブを味わい尽くすならおすすめのアイランドです。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行するならおすすめのホテルはヴェラーヴァルというリゾートにあるアンサナ・ヴェラーヴァルというホテルです。アンサナ・ヴェラーヴァルは水上のヴィラを持っています。

・・・つづきはこちら

コンラッド・モルディブランガリアイランドにはガラス張りの海中レストランがあります。天井を含めた上部180度ガラス張りになっています。ハネムーンなどにおすすめなレストランです。

・・・つづきはこちら

モルディブには、ワン&オンリー・ リーティラという超高級リゾートがあります。毎日違う体験ができるので飽きる心配もありません。セレブ気分を味わいたいときにおすすめです。

・・・つづきはこちら

全ての部屋がオン・ザ・ビーチのバンヤンツリー・モルディブ・ヴァビンファル。スキューバダイビングはもちろん、首都へのアクセスが良好なのでモルディブ観光も楽しめるリゾートです。

・・・つづきはこちら

新婚旅行でおすすめなのはバロス・モルディブです。カップルや夫婦に人気が高い場所です。初心者でも綺麗な海でシュノーケリングや体験ダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。

・・・つづきはこちら

ココパーム・ドゥニコルのスパは、本場のパリやタイの技術を取り入れたココ・スパというものがあります。モルディブ旅行は、ココパーム・ドゥニコルで癒されてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

センターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパの一番の魅力は、現地でお財布の心配がいらないオールインクルーシブプランです。新婚旅行や家族旅行で非常に人気のあるホテルです。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行でよりモルディブらしさを味わいたい人はアンガガ・アイランド・リゾートがおすすめです。コテージからすぐに海に入ることができるため、シュノーケリングなどに最適です。

・・・つづきはこちら

モルディブでのウェディングに憧れている人も多いのではないでしょうか。ハネムーンと挙式をフヴァフェンフシで兼ねて行うカップルが多く、その中でも注目されているのは水中チャペルです。

・・・つづきはこちら

モルディブは日本と比べて紫外線が7倍強いと言われているため、旅行で訪れる際は、しっかりと日焼け対策をする必要があります。モルディブを楽しく過ごすためにも、準備していきましょう。

・・・つづきはこちら

青い海が美しい、観光地として人気のモルディブですが、シュノーケリングなどを楽しむ際に、美しい海の中の写真を撮りたいと考えます。事前に準備をして水中カメラを持っていきましょう。

・・・つづきはこちら

モルディブは新婚旅行にとても人気です。1島1リゾートが基本となっていますが、2島に展開している高級リゾートと言われるコンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランドが注目を集めています。

・・・つづきはこちら

モルディブはインド洋にある島国で、26箇所と1000以上の環礁でできています。島が沈んだあとに、ドーナツ状にリーフだけが残されている部分が26箇所あり、モルディブ26箇所の環礁と有名です。

・・・つづきはこちら

モルディブにはたくさんのホテルやリゾートがありますが、「オンベリ・ビーチ&スパリゾート」はホテルとコテージの魅力を兼ねそなえた宿泊施設です。モルディブを堪能するにはおすすめです。

・・・つづきはこちら

ボドゥベルとはモルディブの伝統的な楽器で、ボドゥベルを使ったパフォーマンスは、モルディブ旅行をさらに盛り上げてくれます。昔から様々な行事や、祝い事で演奏される楽器です。

・・・つづきはこちら

ハネムーンでモルディブに行くだけではなく、結婚記念としてウェディングフォトを撮影してみてみはいかがでしょうか。しっかり準備をしておくとスムーズで、満足度の高い仕上がりになります。

・・・つづきはこちら

女子旅とは、女性だけで旅行に行くことです。異性がいない旅行は気を抜くことができ、ストレス発散になります。女子旅ではモルディブがおすすめです。リゾートを楽しみましょう。

・・・つづきはこちら

モルディブには日本にない南国フルーツがあります。リゾートで提供されるフルーツは輸入品が多いですが、首都マーレのマーケットに行くとモルディブならではの南国フルーツが楽しめます。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行で気になる要素の1つに、水事情があります。リゾートでは井戸水や雨水を使用することはありませんが、飲料水はミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

・・・つづきはこちら

モルディブで静かに過ごしたいという人は、カンドゥル・アイランドという隠れ家リゾートがおすすめです。カンドゥル・アイランドは、海を眺めながら静かに過ごすことができます。

・・・つづきはこちら

モルディブの楽しみ方は様々ですが、おすすめはカヤックです。パドルを使って小舟を漕ぎ、川や海を満喫するアクティビティで、水上からモルディブの美しい景観を楽しむことができます。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行の予算は、航空券が2人往復で30万~70万円、4泊のホテル宿泊代で40万~100万、挙式もする場合はハネムーン費用と合わせて150万~300万ほどかかるでしょう。

・・・つづきはこちら

モルディブでは日焼け対策が欠かせませんが、対策をしていても日焼けしてしまうことがあります。日焼けしてしまった場合はアフターケアを徹底して、ダメージを軽減させることが大切です。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行を楽しむためには、最適な宿泊日数を知っておくことが大切です。マーレに1泊やホテルでゆっくりする日、スパ、マリンスポーツを楽しむ日程の確保しましょう。

・・・つづきはこちら

モルディブでは禁止されていることがあります。持ち込みや持ち出しに制限があり、リゾートの海で泳いでいる魚や珊瑚に触ってはならないという決まりがあるため、守らなければなりません。

・・・つづきはこちら

モルディブで贅沢に過ごしたいという人は、プライベートプールが付いているアウトリガー・コノッタ・モルディブ・リゾートがおすすめです。自分だけのプライベート空間が贅沢に味わえます。

・・・つづきはこちら

モルディブは一人旅でも楽しむことができます。リゾートやホテルにこだわり、一人旅を満喫しましょう。初めてモルディブで一人旅をする人は、しっかりと計画を立てることが大切です。

・・・つづきはこちら

モルディブの電波事情が気になる人も多いでしょう。空港は公共のWi-Fiが少なく、首都マレでもWi-Fiの電波不安定です。しかし、リゾートやホテルでは宿泊客用のWi-Fiがあります。

・・・つづきはこちら

ウティーム・ガンドゥヴァルとは、ウティーム島に位置していて、中には博物館があります。ウティーム・ガンドゥヴァルは、モルディブでは誰もが知っているほどメジャーな存在です。

・・・つづきはこちら

様々なリゾートがあるため、リゾートによっては内装や雰囲気が大きく異なるでしょう。モルディブの高級リゾートでは、海外セレブになったような贅沢な気分を味わうことができます。

・・・つづきはこちら

ダイビングなどのマリンスポーツで利用したり、リゾート地まで水上飛行機で移動したりと、モルディブは船に乗ることが多いです。普段、船酔いをしない人も船酔い対策が欠かせません。

・・・つづきはこちら

モルディブ旅行に行く予定のある人の中には、言葉について不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。モルディブの公用語であるディベヒ語と英語の簡単なフレーズを覚えておきましょう。

・・・つづきはこちら

Warning: include_once(../../common/analytics.php): failed to open stream: No such file or directory in /www/a-mail/oceanmate.co.jp/public_html/cpu/column/theme01/index.php on line 2980 Warning: include_once(): Failed opening '../../common/analytics.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /www/a-mail/oceanmate.co.jp/public_html/cpu/column/theme01/index.php on line 2980