COCONUT CLUB こだわりのリゾートで過ごす至福のひととき

トップページ > 南の島の魅力 > モーリシャスの魅力やメリット

モーリシャスの魅力やメリット

モーリシャスは高級リゾートとして知られる島で、
「インド洋の貴婦人」と呼ばれており、その名の通り高貴で美しい景色が印象的で
世界中のセレブの憧れのリゾート地となっています。
「トム・ソーヤーの冒険」の著者であるマーク・トゥエインが
「神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った」
と言ったことから、天国の見本となった場所ともいわれています。
モーリシャスの魅力は美しい海だけではなく、
歴史的背景から様々な文化が入り混じっているので
いろいろな文化に触れることができます。
また、世界でも3箇所しかないといわれているライオンと散歩できる場所もあり、
貴重な体験のできるアクティビティ満載のリゾートです。
こちらでは、そんなモーリシャスの魅力をたっぷりとご紹介しています。

モーリシャスは「インド洋の貴婦人」と呼ばれており、その名の通り高貴で美しい景色が印象的です。日本人が少ないので、ロマンチックな時間を過ごしたいハネムーンの二人にはぴったりです。

・・・つづきはこちら

モーリシャス旅行の人気NO.1オプショナルツアーは、ライオンと散歩を楽しむことが出来る“ウォーク・ウィズ・ライオン”です。ライオンと散歩できるのは世界中でも3箇所しかありません。

・・・つづきはこちら

多民族が暮らすモーリシャスでは朝食はクロワッサンとコーヒー、昼食はカレー、夕食は中華といったケースもよくあります。一般的なモーリシャスの地元料理はスパイシーなクレオール料理です。

・・・つづきはこちら

モーリシャスの住人はインド系、ヨーロッパ系、アフリカ系、中国系の人種が混ざり合っているため、様々な文化が入り混じり、食事、建築、音楽などは多彩な文化を愉しむことができます。

・・・つづきはこちら

モーリシャスのビーチは、どこまでも続く青い海、島の周りには白い砂浜、その周りにはサンゴ礁がとり囲み「まるでレースに縁取られたようだ」と称されているほど美しいビーチです。

・・・つづきはこちら

モーリシャスの通貨の単位はモーリシャス・ルピーで、2015年4月現在、1Rs=3.3円です。モーリシャスのホテル内の物価は高めではありますが、日本のホテル内の物価よりは安めです。

・・・つづきはこちら

モーリシャスは、現地の方々は主に英語、フランス語、クレオール語を状況に合わせて使い分けています。様々な言語が通用するというのも観光客が集まる理由の一つといえるでしょう。

・・・つづきはこちら

モーリシャス島はいろいろな国の植民地となり何世紀にもわたる歴史の変遷を経て広大なサトウキビプランテーションが作られました。現在ではセレブが集まる高級リゾート地として有名です。

・・・つづきはこちら

衣料品やダイヤモンドなどの加工工場が豊富なモーリシャスでは、お得にショッピングできるスポットが充実しています。ショッピングのポイントは自分の目で品質をチェックして購入することです。

・・・つづきはこちら

モーリシャスでダイビングを楽しむなら、夏の11月から4月までがオススメです。風が強くなく水温も高めで安定しているのでダイビング初心者の人でも安心して楽しめるスポットです。

・・・つづきはこちら

インド洋の貴婦人としての呼び名で知られるモーリシャスは、珊瑚礁の美しさが有名です。しかしゴルフの楽園として飲もう一つの顔も持っており、非常にゴルファーにとっても人気があります。

・・・つづきはこちら

モーリシャスは、日本では知名度は高くありませんが、欧州ではメジャーな高級リゾート地です。そんなこの国の魅力と治安、そして気を付けるべきマナーについて解説いたします。

・・・つづきはこちら

モーリシャスは世界有数の観光地としても知られています。ですがお土産のレベルが高いことも忘れてはいけません。バニラティーや塩、かごバッグなどが観光客をお出迎えします。

・・・つづきはこちら

モーリシャスにある小島のイル・オ・セルフは、一度行くと病みつきになる、ビーチがとても美しい観光地です。観光が有名なモーリシャスの中でもナンバー1の人気を誇っています。

・・・つづきはこちら

モーリシャスの首都でもあるポートルイスは、歴史を感じさせつつも近代的な雰囲気を感じさせる魅力的な街です。自然溢れる公園やカジノ、そして何よりお土産屋さんが豊富です。

・・・つづきはこちら

モーリシャスは多民族国家ですが、住民同士の仲は良好なようです。一番多いのはインド系の人種で、次いでクレオールが多くなっています。民族舞踊のセガも有名で、観光客を楽しませてくれます。

・・・つづきはこちら

モーリシャスにいる絶滅危惧動物はモーリシャスチョウゲンボウという鳥です。過去にはドードーが生息していた島としても知られていて、珍しい動物の話題には事欠きません。

・・・つづきはこちら

モーリシャスに旅行に行った際に必ず行くべき場所が、ブラックリバー渓谷国立公園でしょう。シャマロン・アドベンチャーパーク内にある様々なスポットも見どころ十分です。

・・・つづきはこちら

インド洋の宝石と言われるモーリシャスには多くの観光客が訪れますが、現地で両替や現金の引き出しを心配する人も多いようです。現地には銀行や両替商も多く、特に問題はありません。

・・・つづきはこちら

インド洋の貴婦人と呼ばれるモーリシャス島は東アフリカにあり、世界中のセレブ達がリゾートに訪れるほど美しい島で、海の中に滝が流れ込んでいるように見えるスポットがあります。

・・・つづきはこちら

モーリシャス共和国は、世界のセレブが詰めるかけるビーチリゾート地として有名です。カジノができる施設なども充実しており、楽しみがたくさんある場所としてもとても人気です。

・・・つづきはこちら

モーリシャス旅行を快適に過ごすための服装について説明します。モーリシャス独特の気候に合わせた服装を意識して、快適で楽しい旅行になるように準備をしておきましょう。

・・・つづきはこちら

モーリシャスではどんな宗教が信仰されているのか知っておくと、現地でマナー違反をすることがありません。人々の信仰心の厚さと、そこからくるモーリシャスの魅力を紹介します。

・・・つづきはこちら

モーリシャスは海外セレブ御用達の高級ビーチリゾートです。近代化した施設も多く、ショッピングの楽しみでは南アフリカ産ダイヤモンドが非常に安く買えるなど、他にない魅力があります。

・・・つづきはこちら

近年、新婚旅行などで人気のリゾート地がモーリシャスです。でも実際はツアー数が少ないため、どのような国なのか分からない方が多いです。ここではモーリシャスの歴史などを見てみましょう。

・・・つづきはこちら

インド洋にうかぶ島国であるモーリシャスは、エメラルドグリーンの海と白い砂浜が魅力であり、新婚旅行に最適のリゾートでもあります。年間通じて過ごしやすい気候なのも魅力です。

・・・つづきはこちら

モーリシャスは「インド洋の貴婦人」と呼ばれるヨーロッパでは有名な美しいビーチリゾートです。地理的にはアフリカでありながらいろいろな風土や文化があり、大人の旅行者を魅了しています。

・・・つづきはこちら

新婚旅行に訪れる方にはぴったりな島、それがモーリシャスです。海の貴婦人という愛称があるモーリシャス島があります。まるでアートのような海の滝を素敵な思い出として残しましょう。

・・・つづきはこちら

モーリシャスは、周囲をサンゴ礁に囲まれた白浜が続く美しい島です。ホテルの設備の充実度、食事の美味しさ、ホスピタリティー溢れるおもてなし等、思い出に残る素晴らしい滞在になるでしょう。

・・・つづきはこちら

「インドの貴婦人」と呼ばれる美しいモーリシャスにあるリゾートが「ベルマーレ・プラージュ」です。ここでは、ゴルフやマリンスポーツ、テニスなどの様々なレジャーも楽しめて人気です。

・・・つづきはこちら

ワン&オンリー ル サンジェランは、インド洋に浮かぶモーリシャス共和国にあるビーチリゾートです。格式の高さと伝統を感じさせる、大人のビーチリゾートの魅力をご紹介します。

・・・つづきはこちら

新婚旅行などので人気のモーリシャス島には、世界のVIPたちがこぞって訪れる最高級ホテル「コンスタンス・ル・プリンス・モーリス」があります。その特徴やおすすめポイントを紹介します。

・・・つづきはこちら

日本でも海外の新婚旅行先として人気が集まっているモーリシャス共和国の国旗について、その意味するところを紹介します。また、モーリシャスの歴史や魅力についても紹介します。

・・・つづきはこちら

Warning: include_once(../../common/analytics.php): failed to open stream: No such file or directory in /www/a-mail/oceanmate.co.jp/public_html/cpu/column/theme04/index.php on line 640 Warning: include_once(): Failed opening '../../common/analytics.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /www/a-mail/oceanmate.co.jp/public_html/cpu/column/theme04/index.php on line 640