COCONUT CLUB こだわりのリゾートで過ごす至福のひととき

トップページ > 南の島の魅力 > スリランカの旅行前に知っておきたいこと

スリランカの旅行前に知っておきたいこと

スリランカは正式名称が「スリランカ民主社会主義共和国」といい、
北海道の0.8倍ほどの65,607平方kmの国土をもつ小さな国です。
人口は東京都の人口と神奈川県の人口を合わせたくらいの人口で約2040万人といわれています。
スリランカというと紅茶が有名ですが、その他にも500年の歴史、神秘的な仏教遺跡、ビーチ、
香辛料の効いた料理、色鮮やかな雑貨、アーユルヴェーダ・スパなどが広く知られているでしょう。
こちらでは、そんなスリランカに旅行に行く前に知っておきたい基礎知識として、
スリランカの気候、歴史、文化、国旗の意味、お土産、食事やレストラン事情、服装、交通などについて、
詳しく説明しています。

新婚旅行の行き先として注目されているスリランカは、アダムとイヴが訪れた伝説やラーマーヤナの舞台などの伝説が残る島であり、6つの世界文化遺産に加えて2つの世界自然遺産を有しています。

・・・つづきはこちら

スリランカはインド大陸の先端にある島国で、インドに比べると自然豊かな国です。紅茶の産地として有名でセイロンティーと呼ばれています。気候は亜熱帯気候ですが、場所によって違いがあります

・・・つづきはこちら

本記事は、「モルディブ&スリランカ周遊プラン」において有効に利用出来る、地図上から見た、インド亜大陸の南東に位置するスリランカの地理、地形に関する情報の要点をまとめたものです。

・・・つづきはこちら

スリランカとは、セイロン島ともいわれるインドから東南に位置する離島になります。こちらへは、直行便で行く方法もありますし、東南アジアの国で乗換えで行くことも可能です。

・・・つづきはこちら

新婚旅行先としても人気のスリランカの国旗の意味は獅子が国の象徴、菩提樹の葉は仏教、サフラン色と緑色の2つでタミール人とムーア人、ヒンズー教とイスラム教など民族の融和を表しています。

・・・つづきはこちら

年中温暖な気候のスリランカですので服装は汗を吸いやすい素材のカジュアルな格好がお勧めです。しかし仏教寺院へ参拝時には観光地であってもミニスカート、ノースリーブなどの服装は厳禁です。

・・・つづきはこちら

スリランカは、インドの南東にある島国であり、日本から直行便も出ています。自然や文化、伝統、風習の違いなどを知りながら、新婚旅行先として訪れてみるのもいいでしょう。

・・・つづきはこちら

スリランカという国は、インドの南東に位置しており、ちょうど北海道を少し小さくしたサイズの島国になります。こちらに新婚旅行に行くなら、文化や風習などを理解してから行くといいでしょう。

・・・つづきはこちら

新婚旅行の行き先を検討するのなら、普段いけないようなところに行ってみるのもいいでしょう。インドの近くの島国であるスリランカは、大自然もあり、遺跡などの観光地もあり、人気です。

・・・つづきはこちら

本記事は、「モルディブ&スリランカ周遊プラン」において必要不可欠な情報である、スリランカ独自の食事の魅力に加え、その国特有のレストラン事情についてまとめたものです。

・・・つづきはこちら

スリランカといえば内戦の国というイメージがありますが、実際には取り締まりも厳しく治安も非常に良好なので日本人旅行者も毎年数多く訪れています。ただしマナーを守って行動しましょう。

・・・つづきはこちら

スリランカの魅力といえばやはり物価が安いということです。日本よりもお手軽に公共施設を利用できたり、高級ホテルも格安で利用できるのでお得に旅行することができます。

・・・つづきはこちら

スリランカには8つの世界遺産があり、それぞれに魅力的な要素を持っています。自然の美しさや仏教徒の深い関わりなど、世界遺産を観光しながら深く理解していきましょう。

・・・つづきはこちら

Warning: include_once(../../common/analytics.php): failed to open stream: No such file or directory in /www/a-mail/oceanmate.co.jp/public_html/cpu/column/theme08/index.php on line 310 Warning: include_once(): Failed opening '../../common/analytics.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /www/a-mail/oceanmate.co.jp/public_html/cpu/column/theme08/index.php on line 310